ホーム > 日商簿記3級 合格の秘訣 鉄則!6か条 仕訳の練習はしつこいぐらいやれ!

日商簿記3級 合格の秘訣 鉄則!6か条

その1:仕訳の練習はしつこいぐらいやれ!

「仕訳を制するものが簿記を制す」と言うように、簿記の試験は仕訳ができなければ絶対に合格しません。

ですので、私は最初クドいぐらいに仕訳の練習をしました。

仕訳がよくできない状態で、簿記の勉強を進めるということは、例えるならば、算数で足し算もできないのに、割り算の勉強を進めるようなものです。そのぐらい重要です。

たぶん、クドいぐらい仕訳をやれば、簿記が易しく感じるはず(笑)。

ちなみに、私は最初の頃はしばらく勉強を始めるときに「ウォーミングアップ」と称して、仕訳の練習をしました。

→→ 合格の秘訣 その2:過去問を解きまくれ!!

「日商簿記3級 1ヶ月で満点合格した体験記」のトップページにもどる